真田丸のロケ地はどこ?千葉や和歌山という噂を検証!

最近の投稿

More

素敵な夜景をKindleで楽しもう

真田丸のロケ地はどこ?千葉や和歌山という噂を検証!

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」は、名脚本家・演出家 三谷幸喜さんの書きおろし作品です。またドラマの出演キャストも豪華で話題は尽きません。戦国群雄割拠の時代、真田藩主真田昌幸の二男真田幸村(正式名 真田信繁)を、“たくましく、かつ信念を持って生きた男”として描いたドラマです。

「真田丸」の概要と、どんな場所がロケ地として採用され、その中に“千葉”や“和歌山”という噂を検証してみました。

スポンサードリンク

大河ドラマ「真田丸」についての概要

「真田丸」とは大阪城の外1Kmのところに、大阪城の防御用として、幸村が築城した出城のことです。大阪城と「真田丸」との間には地下トンネルがあったといわれています。タイトルを「真田丸」としたのも三谷幸貴さんが、「戦国時代真田幸村という知将が、最後まで豊臣家に尽くし、豊臣家と共に滅ぶ波乱万丈の生涯」を、一種の美学としてドラマにしたものだからです。

幸村は人生の大半を名だたる戦国武将の人質として過ごしました。そこで武田信玄・上杉景勝らの武将の生きざまを体感し、晩年豊臣秀吉から認められ、最後まで豊臣家の為に働くのです。特に圧巻なのは大坂冬の陣で、徳川軍を圧倒し家康を怖(おそ)れさせたことです。「豊臣家に幸村あり、恐るべし真田幸村」の名をほしいままにしたのです。

ドラマ視聴者にとって「真田丸」は、三谷幸喜さんのオリジナルドラマです。三谷さんは視聴率を横にらみしながら、ドラマ視聴者を釘付けにするシーンや新たなロケ地を含め、数多く投入すると思います。きっと「真田丸」は今後も高視聴率をとるドラマになることでしょう。

「真田丸」のロケ地はどんなとこ?

真田の里といえば真田幸村の父、真田昌幸が築いた上田城跡のある信州長野県上田市です。“真田家の忍び”として暗躍をしていた猿飛佐助が一人前になるために修業をしていたという場所もあります。

ロケ地が信州上田、隣の軽井沢町、山を越えた茅野市で行われたのは当然といえましょう。他にも山梨県北杜市・韮崎市、岩手県奥州市・遠野市(時代劇のセットがあるところで有名)で行われました。

他に意外かと思われるロケ地が、千葉県という噂もあります。色々調べますと千葉県でなく、お隣の茨城県つくばみらい市にある「ワープステーション江戸」
である可能性が高そうっです。「ワープステーション江戸」はNHKエンタープライズの所有です。ここは一般公開もしています。江戸時代の建物がお堀と一体になっていて、昔にタイムスリップした景観を楽しめます。

その他にも見どころがあります。それは江戸町人ゾーンです。ここでは、商人街や町屋の他に、廻船問屋などが賑わっていた様子をリアルに楽しめるので非常におすすめです。そのため、千葉県ではなく茨城県である可能性が高そうです。

スポンサードリンク

意外なロケ地も

もう一つ意外なロケ地が和歌山県です。

真田幸村が最も有名な理由としては「大阪冬の陣」など様々な戦の場面で豊臣方につき、非常に活躍したためです。この戦(いくさ)の前、10年あまりにわたって和歌山県九度山町で隠棲生活を送るなど、和歌山県とゆかりの深い戦国武将になっているのです。九度山町は日本でも知られた富有柿の生産地で、全国一の生産量を誇るのどかな町です。

戦国武将、真田幸村の生涯を描く大河ドラマ「真田丸」が2016年放送されるのを前に、2015年4月和歌山県高野町で町の風景などの撮影が行われました。和歌山県にある高野山には「奥之院」という寺院があるのですが、その参道の入り口近くにはなんと高さが10m程の桜があります。その桜が満開の時期にも撮影がありました。今後も豪華キャストの撮影もあるかも知れませんね。

関連記事:真田丸の場所はどこ?地図で調べてみた!

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!
コメント0
CATEGORY :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)