片想いや恋愛に悩む女子必見!鈴虫寺での効果を発揮するための法則について。

最近の投稿

More
片想いや恋愛に悩む女子必見!鈴虫寺での効果を発揮するための法則について。

「願い事を叶えてくれる寺社があるらしい・・・!」最近、片想いや恋愛に悩む女子の間でそんな噂がまことしやかに囁かれているそうです。嘘だと思われるでしょうか?実は、そんな素敵な寺社が京都に実在するのです。

鈴虫寺。これが願い事を叶えてくれる寺社の名前です。

今回は恋愛に思い悩む女子に送る、鈴虫寺での効果を発揮する為の法則をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

鈴虫寺とは?

o0480039512629129274

出典:http://ameblo.jp/tyd10/entry-11583537908.html

そもそも「鈴虫寺」とは、1年を通して鈴虫の音が聞けることから付いた名で、正式名称は「妙徳山 華厳寺」といいます。

また、願い事を叶えてくれるのは正確に言うと鈴虫寺ではなく、寺内に安置されている「幸福地蔵さん」です。日本で唯一わらじを履いたお地蔵さんで、その理由は幸福地蔵さんが願い事をした人の元に直接出向いて、願いを叶えてくれるからだそうです。

他にも美しい庭園や、鈴虫の音を聞きながら僧侶のありがたい話を聞ける「鈴虫説法」など、多くの見所がある寺院です。

願い事を叶える為の法則

59

出典:http://find-travel.jp/article/17962

願い事を叶えてもらう為には「ある法則」があるとされています。ここでは私の実体験を交えながら、その法則についてご説明したいと思います。

私が鈴虫寺を訪れたのはかれこれ数年前のことです。当時恋愛に悩んでいた私は、半信半疑でそこを訪れました。そしてすぐ願い事をするのではなく「鈴虫説法」を先に聞きました。それでは、願い事を叶えるためのポイントを6つご紹介します。

◯ポイント1

願いが叶うかどうかはこの「鈴虫説法」をどう聞くか、どう感じるかで変わってきます。効果を期待する方は、必ず説法を受け、真剣に耳を傾けましょう。

おそらく説法を聞いたのが良かったのでしょう、幸福地蔵さんの前に立った時の私の心境は訪れた時とは違い、もうお地蔵さんに全てを託そうという心持ちになっていました。そして私は、ある人との恋愛成就を切に願いました。

◯ポイント2

願い事は絶対に1つだけです。できるだけ具体的に願いましょう。欲張りは厳禁です。加えて、願い事には自分だけでなく周囲の人たちも幸せになるものを選びましょう。全ての人が幸せになることがお地蔵さんの願いでもありますからね。

◯ポイント3

願い終えたら最後に住所と名前をお地蔵さんに告げてください。そうしないと、せっかく願いを叶えに来てくれたお地蔵さんが道に迷ってしまいますからね。

願い事を終えた私はお守りを持ち帰り、それをお地蔵さんとして常に肌身離さず持っていました。効果が表れたのはそれから数ヶ月後のことでした。なんと片想いをしていた人から告白されたのです。そうして私の願いは叶いました。

スポンサードリンク

◯ポイント4

必ずお守りかお札を持ち帰ること。これらをお地蔵さんとして肌身離さず持っていることでご利益があります。

◯ポイント5

他力本願はいけません。お地蔵さんの力だけに頼るのではなく、自分でも努力をしましょう。願いに真摯に向き合い、一生懸命になれる人の前に、お地蔵さんは現れるのです。

願い事を叶えてもらった私は後日、その恋人と共に再び鈴虫寺を訪れました。お守りを返し、新たなものを頂く為です。その際、恋人も何やら願い事をしていたのですが、その時は教えてもらえませんでした。

◯ポイント6

願いが叶った時や願い事をしてから1年が経過した時は寺院にお守りかお札を返し、新たなものを貰い受けましょう。もちろんその際感謝の気持ちなどを伝えることを忘れずに。

まとめ

効果が表れる期間はまちまちだと言われています1ヶ月で叶った人もいれば、10年越しに叶う願いもあるとか。ちなみに叶いやすい願い事は、片想いや結婚など、恋愛にまつわるものだと言われています。参拝客に女子が多いのもこういった理由からなんでしょうね。

余談にはなりますが、当時の恋人とはそのおよそ1年後に結婚しました。嫁曰く、「お地蔵さんに願って良かった」だそうです。何から何までしてもらって、本当に幸福地蔵さんには感謝しかありませんね。

叶えたい願いがあるのならば、ぜひ一度鈴虫寺へ足を運んでみることをオススメします。効果があることは、私が保証します。

関連記事:京都・鈴虫寺へのアクセスと満車時に助かる安い近隣駐車場をご紹介!

関連記事:鈴虫寺でのお願いはどのくらいの期間で叶うのか。叶った人の声をご紹介!

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)