旅行券の使い方が分からない!意外と知らない旅行券話。

最近の投稿

More
旅行券の使い方が分からない!意外と知らない旅行券話。

会社のビンゴ大会の景品で、または贈り物として旅行券をもらった!

もらったその場では嬉しい気持ちでいっぱいだったものの、いざ使うとなると「使い方がよく分からない」と戸惑っている方、いませんか?

贈る側からすると、「旅行を楽しんできて欲しい」という気持ちを込めてプレゼントする旅行券ですが、一度も利用したことがない人にとっては、使い方の分からない意外と厄介な存在なのかもしれません。

そこで今回は、知っておくといざという時に困らない、意外と知らない旅行券のお話とその使い方をお伝えします。

スポンサードリンク

旅行券とはいったいどんなギフト券?

money_515831

出典URL:http://images.all-free-download.com/images/graphiclarge/money_515831.jpg

旅行券は旅行代理店での支払いに使用できる商品券を指します。旅行代理店で扱っている商品であれば、基本的に何でも使用できます。

たとえばツアー料金や各種テーマパークのチケットやパスポート代、宿泊施設料金、航空代金や鉄道料金などです。国内外を問わないので、海外旅行のツアー料金を支払うことも出来ます。

ただし旅行代理店で扱っている商品のうち書籍やトラベルグッズ、ギフト券、プリペイドカード、JRの回数券などの支払いに使用することは出来ませんので注意が必要です。

使い方のもう一つの注意点は、図書券や図書カードとは異なり、「発行している会社でのみ使用できるギフト券」になります。

例えば、Aツアー会社発行の券をBトラベル会社の支払いで使用することは出来ません。使用する際は必ずどの会社の旅行券かを確認しましょう。

旅行券の使い方

①旅行券を発行しているグループの旅行代理店の実店舗に出かける
②商品を選ぶ
③代金を旅行券で支払う

旅行代理店が取り扱う商品であれば、ツアー以外の各種テーマパークのチケット代金や交通費として使用できますがいずれも日付指定で購入となり、購入後の変更はききません。

また支払いに利用できるのは実店舗だけになりますがオンライン上の商品の支払い方法として旅行券を選択できる旅行代理店もあります。

JTBトラベルギフト券は、オンライン商品の支払いにも活用できる商品です。

ただし指定された場所にギフト券を現金書留で郵送する必要がありこの際にかかる費用は当然、お客さま負担ということになります。

余計な出費を抑えたい場合は、自分の身近にある旅行代理店の実店舗を探した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

知っていれば得する! 旅行券の意外な使い方

人からもらったり懸賞で当たったりした旅行券でも、「どうせならば最大限有効な使い方をしたい」というのが人間の心理です。

いっそのこと現金化するという手段もありますが各旅行代理店は店舗での換金(額面通りの現金と引き替えること)は受け付けていません。

そのため現金化するには額面以下で買い取りをしてもらうこととなり、お得度は下がります。

旅行に行かなくても、航空チケットや鉄道料金など旅行代理店で手配できる交通手段であればチケットを購入することが出来ますのでどこかにでかける予定のある方は、旅行券を交通費に充てるのが最もお得です。

ただし、どの旅行代理店でもJRの回数券を購入することは出来ませんのでご注意下さい。あくまで購入できるのは、日時指定のチケットです。

ちなみに、JTB旅行券の場合はお釣りがもらえ
千円未満のおつりは現金でもらえます。

まとめ

旅行券の基本的な使い方と、気を付けるべき事項についてご紹介しました。基本的には旅行代理店の実店舗で商品券のように使える金券ですが、一部例外があります。

せっかく手に入れた旅行券ですから、思いっきり有効活用しちゃいましょう。

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)