国内旅行人気ランキング【夏編】

最近の投稿

More
国内旅行人気ランキング【夏編】

今年の夏休みはどこに行こうか何をしようかお悩みの方、今年の国内旅行はこんな人気の場所にでかけてみませんか?夏の旅行先として人気の目的地を、ランキング形式でご紹介します。

4位 長崎

gatag-00002035

出典:http://01.gatag.net/img/201504/22l/gatag-00002035.jpg

長崎はさまざまな観光資源に恵まれた土地ですが、夏の国内旅行ならば日本一メジャーな廃墟「軍艦島」をおすすめします。廃墟と言えど、当時の日本の最先端を行く暮らしぶりを偲ぶことが出来る風景は、よそではまずお目にかかれません。

なぜ夏におすすめするのかというと、軍艦島は長崎市内から片道30分ほどで到着する距離ですが、海が荒れている日はせっかくツアーに申し込めても上陸することが出来ません。特に海が荒れやすい冬場は運行できない日が続きますので、ここはぜひ比較的海の穏やかな夏場に出かけたいところです。そのためランキング4位とさせていただきました。

もしも海が荒れていて軍艦島に上陸できなくても、長崎市内にはグラバー園や眼鏡橋、オランダ坂などの観光名所が揃っています。最もおすすめなのがグラバー園から望む長崎市街地や港湾の風景です。いつまで眺めていても飽きることはありません。明治日本の産業革命遺産にも長崎の施設は多く選出されていますし、結構タイムリーですので夏にご家族で国内旅行する際は自由研究を含めて行かれるのも良いかもしれませんね。

関連記事:九州の観光スポットランキング10選(前編)。今まで見たことのない九州をご紹介!

スポンサードリンク

3位 香川

Exif_JPEG_PICTURE

出典:http://www.heart-earth.com/ebisu/wp-content/uploads/c3a5e4d500f0dd63169e7c592b4a3f33.jpg

香川に行ったら鉄板ですが是非、讃岐うどんを味わって頂きたいです。「大げさすぎるよ、だってうどんでしょう?」と笑って出かけ、香川から帰ってきたら「またうどん食べに行きたい!」と完全にとりこになってしまった友人が多数います。私もそのひとりで、夏に行きました。行列の出来る超人気店から、「こんなところ、地元民でも来ないでしょう!」と言いたくなる秘境中の秘境まで、本当に奥深い世界なんです。

また香川はアートの宝庫でもあります。「瀬戸内芸術祭」や新進気鋭の現代アート作家の美術館など、いたるところにアートを堪能できるスポットがいっぱいあります。香川県内に点在したアート作品をぐるっと回りつつうどんも堪能してみてはいかがでしょうか。ひと味違った夏の思い出になること間違いなしです。

2位 沖縄

img_3_4_S

出典:http://option.okitour.net/special/blue_cave/img/img_3_4_S.jpg

夏に国内旅行するとき、沖縄といえば鉄板中の鉄板で多くの方に人気ですよね。コバルトブルーに透きとおる海で泳いでいると、ミュージックビデオの中の登場人物になったかのような錯覚が味わえます。マリンスポーツも楽しみですが、もしもダイビングを予定している方にはぜひとも「青の洞窟」に出かけて頂きたいです。恩納村真栄田岬にある洞窟の通称ですが、光の加減で青く輝く空間はまさしく自然の神秘です。

「どうせ私はインドア派だし」という方は、石垣島などいかがでしょうか。ハイクラスのリゾートホテル激戦区だけあって、スパや南国暮らしを堪能できます。暑い中暑い場所に行って、ひたすらまったりと過ごす。魂の底からリラックスできるため、日頃のストレスを捨て去るのにはもってこいの場所です。

関連記事:USJ沖縄の完成時期は未定!オープンは東京五輪開催前2020年を予想!

スポンサードリンク

1位 北海道

04097

出典:http://www.yokaphoto.net/yoka50/200710/image/04097.jpg

毎年毎年更新されているような錯覚もする猛暑日から逃れられるとあって、夏の国内旅行人気は北海道がトップですのでランキング1位とさせていただきました。気分が悪くなるような酷暑を避けて北海道へ出かけるのはいかがでしょうか。夏に最も訪れて欲しいのはやはり一面の紫の絨毯が圧巻の富良野市です。風が吹くたびに紫のラベンダーの花が香り、優雅な気持ちになれます。ラベンダーは夏に花の最盛期を迎えるので、ぜひ夏に訪れて下さい。

いつもと違う体験がしたい方には「白い恋人パーク」がおすすめです。北海道名物「白い恋人」をテーマに、お菓子作り体験や写真入り白い恋人まで作れちゃいます。さらに建物自体がオランダ風で実にファンタジックです。敷地内にはローズガーデンもあり、見頃は6~8月のため、夏の間楽しめます。

また函館・小樽の夜景も外せません。四季を通して堪能できますが、さすがに真冬の北海道、夜間に屋外に立つのは相当の勇気がいります。寒さと戦わなくて済む夏に夜景は堪能したいですよね。

関連記事:北海道の観光ランキング【夏休み編】富良野・美瑛の絶景に大人も子どもも感動の連続!

まとめ

TRAVELERS編集部の独断で国内旅行人気ランキング【夏編】を発表させていただきました。ランクインされていない場所も素晴らしい場所は沢山ありますが、この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。酷暑を逃れるも良し、いっそ暑さをとことん極めるも良し、夏を思いっきり堪能できる国内旅行に是非お出かけ下さい。

関連記事:二泊三日の国内旅行で持っていくべき荷物リスト!【永久保存版】

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)