温泉旅行は関西へ!安い場所がどこなのかご紹介します!

最近の投稿

More

素敵な夜景をKindleで楽しもう

温泉旅行は関西へ!安い場所がどこなのかご紹介します!

温泉旅行は関西に出かけてみませんか?温泉に出かけるからには癒やしの効果を味わえるようなお湯で、おいしいご飯が食べられて、他の場所では味わえない何か特別なポイントが欲しいですよね。しかも、出来れば安いとこれ以上言うことはありません。そんな欲張りな願望を叶えてくれる、おすすめの温泉旅行にぴったりの場所、ご紹介します。

丹後温泉(京都府)

IMG_0811

出典:http://www.sumihei.com/wp/wp-content/uploads/IMG_0811.jpg

京都と言えば有名観光地だけあって、そこそこお値段の張るお宿ばかりのイメージがありますが、郊外に出ると安い上に古都の雰囲気抜群の温泉宿がたくさんあります。特に日本海に面した丹後の地は、海が造り出す自然の造形美と海の幸を堪能できるのでおすすめです。

間人港で獲れる間人蟹を冬に味わうも良し、夏には海水浴も楽しめます。その他にも「海のタクシー」でクルージングや釣り、トレッキングなど自然を体感するレジャースポットが揃っています。たくさん遊んだ後は、温泉でゆっくり疲れを癒やしましょう。温泉は硫酸塩泉です。特に切り傷に効果があり、打撲や火傷、痛風にも効きます。アウトドア後につかるにはぴったりです。

スポンサードリンク

ハチ北温泉(兵庫県)

KC3A0012

出典:http://livedoor.blogimg.jp/who_are_you_324/imgs/2/4/24ed52b1.jpg

関西一との呼び声も高いスキー場があることで有名なハチ北高原ですが、温泉も充実しています。お湯は関西では珍しいラドンのお湯です。ラドン湯は神経痛や肝臓病、動脈硬化、眼精疲労、不眠症に効くほかにもアンチエイジング効果があります。幅広い効能で、まさしく「癒やしの湯」と言えます。

またウインタースポーツだけでなく、夏の川遊びや高原遊びも体験型のプランが数多く用意されているため、四季を通して楽しめます。食べ物も但馬牛や蟹など、主役級の地元食材がずらりと揃っています。しかも、竹田城までは車で40分と近いため、観光にも適しています。

南紀白浜温泉(和歌山県)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6b/131221_Shirahama_Onsen_Shirahama_Wakayama_pref_Japan01s3.jpg

南紀白浜にひろがる温泉地のウリはなんと言っても、オーシャンビュータイプの部屋です。部屋から海が見えるように建てられた宿泊施設が多く、追加料金がかかりません。目の前に広がる太平洋を眺めながら、潮騒を聞きつつお風呂につかる。日頃の疲れももやもやも一気に吹き飛ぶ癒やしの時間を得られます。

また、日本三古湯の一つですが、温泉地全体の敷居がさほど高くありません。一泊二食付きで一万円以内のプランが多く、選ぶのにも迷います。家族で、気の合う友人同士で出かけるにはもってこいです。

スポンサードリンク

信貴山温泉(奈良県)

shigisakura1_2

出典:http://odekakerepo.tea-nifty.com/photos/uncategorized/2010/04/07/shigisakura1_2.jpg

信貴山朝護孫子寺といえば、初詣の参拝客が多いことで有名ですが、温泉宿もあります。春には桜、秋には紅葉が楽しめ、冬には雪景色を眺めながら入浴と四季折々の景色が絶景です。また、年間を通じて露天風呂からは信貴山を望めます。「初日の出のために元旦の早起きは辛い」という方は温泉に泊まり、露天風呂につかりながらのんびり日の出を待ってみてはいかがでしょうか。楽な上に美しい景色を眺めることが出来ます。

お湯はメタケイ酸や炭酸水素を多く含み、お肌がつるつるになる美人の湯です。お料理も趣向を凝らした懐石料理で、和食を堪能することが出来ます。一泊二食付きで1人一万円前後ですから安いですよね。

まとめ

関西には有名温泉地以外にも、絶景や美食を楽しめる温泉宿がたくさんあります。微妙な雰囲気の安いホテルに泊まるくらいなら、食事をどこでとろうか悩まなくて済む温泉宿で美味しい食事と素敵なお湯を堪能する方が安い上に満足度が高いです。あなた好みの知られざる名湯に巡り会えますよ。

関連記事:関西の日帰り温泉で家族風呂がある場所をご紹介します。

関連記事:一泊二日で関西を温泉旅行しよう!おすすめスポットランキングはこちら!

関連記事:冬は関西でワクワクする旅行をしよう!

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)