1泊2日で温泉旅行をするのにおすすめの場所をご紹介します。

最近の投稿

More

素敵な夜景をKindleで楽しもう

1泊2日で温泉旅行をするのにおすすめの場所をご紹介します。

「温泉に行きたい、ただし長い休暇は取れないから近場で。」そんな忙しいあなたのために、1泊2日で十分堪能できる温泉旅行をご紹介します。おすすめのプランを厳選しましたので、まだ出かけたことのない人は是非お試し下されば幸いです。

スポンサードリンク

花巻温泉(岩手県)

9f66e048a05d2d92b4fba05f3cd3e494

出典:http://img.4travel.jp/img/dm_hotel_img/17/9f66e048a05d2d92b4fba05f3cd3e494.jpg

岩手県花巻市には多くの温泉街が密集していますので、花巻市に滞在するだけで多種多様の温泉を堪能できます。お湯の性質も様々ならば、温泉宿の風情も様々なので街並みを眺めるだけでも一興です。

また、年間を通して古くから伝わる祭礼が催されており、四季折々の風情を楽しむことが出来ます。それに花巻は昔からお酒造りと果樹栽培が盛んな地ですので、おいしいご飯も魅力の一つになります。

交通アクセスですが、いわて花巻空港と温泉とはタクシーで10分ほどです。飛行機では大阪間が90分、札幌とは60分の距離です。電車を利用すると、新花巻駅まで東京からは3時間10分、仙台駅だと1時間の距離です。出発場所によって異なりますが、岩手は遠いイメージを持つ方が多いかもしれません。ですが、これならば1泊2日でも十分楽しめるかと思います。

有馬温泉(兵庫県)

arima_001
出典:http://kobe.travel.coocan.jp/photo/kobe/arima/arima_001.jpg

兵庫県にある有馬温泉は、江戸時代には「西日本一の名湯」と評価された日本三名湯のうちの一つですので温泉旅行におすすめです。日帰り湯も充実していますが、お湯を堪能しおいしいものも食べられるお泊まりも楽しいものです。

有馬温泉のお湯は保湿効果があるほか、神経痛やうちみ・切り傷にも効果があります。老若男女を問わず楽しめるお湯ですね。

気になるアクセス方法ですが、電車が最も便利です。有馬温泉は「関東の奥座敷」とは言われていますが、JR大阪駅からは電車で1時間、兵庫県の三宮駅からは30分、京都からでも1時間30分という近さです。

関連記事:関西限定のおすすめ温泉旅行ランキング

スポンサードリンク

由布院温泉(大分県)

04545

出典:http://www.yokaphoto.net/yoka50/200911a/image/04545.jpg

私が由布院に宿泊した際、バーでお隣に座った方は「東京から今日飛行機で着いた」と仰っていましたが、福岡経由ですと1泊2日でも特に無理のない日程です。福岡空港は福岡市中心部まで地下鉄で15分と、日本有数のアクセスの良い空港です。その福岡から直通便の出ている大分県の由布院はいかがでしょうか。JR博多駅からは由布院行きの「特急ゆふいんの森号」やバスが出ていますので、乗り継ぎの心配は無用です。

由布院は駅から温泉街中心まで徒歩20分以内とコンパクトにまとまっており、食べ歩きも楽しめます。大分県と言えば鶏の唐揚げが有名ですが、豊後牛も絶品ですので是非味わってみて下さい。

また源泉掛け流しのお湯も魅力的です。そしてぜひとも朝は早起きして金鱗湖を散歩して下さい。霧に包まれた幻想的な風景を堪能できます。散歩の後は、近くのカフェでスイーツはいかがでしょうか。早朝からオープンしているお店も多いので、いつもと違ったゆったりとした朝時間を過ごすのも旅の楽しみの一つです。

『女子にぴったりの温泉旅行地にあの場所が・・・』

箱根温泉(神奈川県)

D60_a3627

出典:https://www.sothei.net/photo_big/D60_a3627.jpg

新宿駅からロマンスカーに乗って90分以内に辿り着ける箱根温泉は、都心からのアクセスが良いのにゆったりとした時間が過ごせておすすめです。箱根には美術館や温泉施設がひしめき、観光に便利な交通網がしっかり整っているので、行き当たりばったりで出かけても困ることはほぼありません。

春と秋には箱根に点在するホテルやカフェが参加するスイーツ食べ比べ企画もあり、何度行って飽きることがない工夫があるのが楽しいポイントです。

まとめ

「1泊2日じゃ大してのんびりできないかもしれない」と思いがちですが、意外と交通アクセスが整備された温泉地は多いです。家族で、たまには1人で、日頃の疲れを癒やす温泉旅行に出かけてみませんか。

『両親に喜んでもらえる温泉地にあの場所もランクイン』

『あんな絶景が楽しめる温泉地があったなんて!?』

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!
コメント0
CATEGORY :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)