台風23号2015の進路情報!最新の米軍・ヨーロッパ・気象庁情報だと北海道直撃!?

最近の投稿

More

素敵な夜景をKindleで楽しもう

台風23号2015の進路情報!最新の米軍・ヨーロッパ・気象庁情報だと北海道直撃!?

2015年度台風23号の進路情報を先日お伝えさせていただきましたが、当時と比較して進路が随分と変わりました。ぎりぎりで日本には上陸しないような進路をヨーロッパ・米軍共に予想していましたが、北海道に直撃してしまうという予想が今されています。

台風24号たまごの最新情報はこちら:台風24号2015のたまご最新進路情報!米軍・ヨーロッパ情報をお届け!

当サイトは旅行をテーマにしたサイトです。北海道への旅行を検討されていらっしゃる方や北海道にお住まいの方も含めて是非、読んでいただけたらと思っています。

それでは、気象庁の予想も含めて以下で詳細にお伝えさせていただきます。

ヨーロッパによる台風23号の進路予想は以下です。

7053e20022bd1959f242dd7c12d2c69a

出典:http://www.ecmwf.int/

上記画像は10月8日21時現在の台風23号の位置を予想したものです。北海道にもろ直撃していることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

10月8日は平日ですので、そこまで観光客は多くないかもしれませんが、北海道は中国人に非常に人気の高い観光地ですし、中国人観光客は平日もたくさんいらっしゃいますので、中国人観光客いとっては非常に辛いところかもしれません。

スポンサードリンク

米軍によると

米軍の2015年度台風23号進路予想は以下になります。

wp2315

出典:http://www.usno.navy.mil/

上記の情報をみる限り、台風23号は北方四島を直撃するような進路をとっています。ヨーロッパによる情報だと少し分かりにくかった部分が分かり、重宝します。仮に北方四島に直撃するのであれば、北海道を旅行する観光客や農業関係の方にはそこまで大きな影響がないように思えますね。

スポンサードリンク

最後に気象庁による進路予想をご紹介します。以下の画像をご覧下さい。

1523-00

出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/1523.html

米軍による情報とほぼ変わりません。ただ、注目するべき点は台風23号の暴風域が北海道をほぼ覆う点です。直撃する場所は北方四島だとしても、北海道全体が暴風域に覆われています。そのため、農業関係者の方や観光客にとっては飛行機の離発着や観光地を巡れない等の大きな影響が出る可能性がでてきそうです。

台風は進路を突然変えることが十分に考えられますので、ヨーロッパ・米軍・気象庁などの入手できる情報をリアルタイムで調べておくことをオススメします。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

関連記事:台風に備えるために必要な対策について【永久保存版】

関連記事:台風で飛行機が欠航になってしまう航空会社の条件について

関連記事:台風でホテルをキャンセルする場合、料金はかかるのか?

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)