台風22号たまご2015の進路最新情報!ヨーロッパ情報はこちら!

最近の投稿

More

素敵な夜景をKindleで楽しもう

台風22号たまご2015の進路最新情報!ヨーロッパ情報はこちら!

台風21号のたまごが発生した記事はお伝えしましたが、なんと台風22号のたまごも発生しそうな様子です。

9月21日最新情報はこちら → 台風22号2015たまごの進路最新情報!米軍やヨーロッパ情報について。

最新台風21号情報(9月22日):台風21号2015の進路最新情報!ヨーロッパと米軍情報をお届け!

9月19日投稿関連記事:台風21号たまご2015年進路最新情報!ヨーロッパ情報によると日本上陸はなし。

関連記事:台風21号たまご2015の進路最新情報!ヨーロッパの情報はこちら。

※注意 台風の「たまご」ですが、時期によっては台風21号のたまごと言われていたものが台風22号になったりなど、タイミングがずれることがありますので、ご注意下さい。

台風18号は日本各地へ豪雨をもたらし、大きな影響を及ぼしました。そのため、また再び関東を中心とする地域に影響がないと良いのですが・・・。

いずれにしても、最新の台風情報を入手し、備えをしておくべきだと思います。以下で、台風22号たまごについての台風情報をヨーロッパによる情報を中心にお伝えします。

ヨーロッパによる台風22号のたまごについての画像は以下です。赤丸は台風21号のたまご、青丸は台風22号のたまごです。

8cbf305c8c8b5abe4c3a5f8d4c7c8e7f

出典:http://www.ecmwf.int/

台風22号のたまごと思われる熱帯低気圧は小笠原諸島の東に位置しています。そして、このあたりの台風は今後の動きとしては、中部地方から東側の日本列島へ直撃する可能性が高いかもしれません・・・。

スポンサードリンク

海水温は

台風の勢力が拡大するかどうか、重要な要因となるものの1つに海水温があげられます。海水温が高いと、低気圧を発生させる可能性が高く、大型の台風になってしまうかもしれません。

このような海水温が分かるのが、以下の図です。

gl_sst_mm

出典:http://nihongo.wunderground.com/hurricane/

上記図で赤く表示されている場所は海水温が30度前後の場所になります。これは台風を発生させる環境としては十分です。

スポンサードリンク

台風21号のたまごについては、沖縄あたりから上陸することが予想されますが、台風22号のたまごについては日本列島の中でも台風18号の爪あとがある場所へ直撃する可能性も考えられます。

台風への備えに関する関連記事についても以下でご案内しますので、もしよければお読みいただけたら幸いです。

関連記事:台風に備えるために必要な対策について【永久保存版】

関連記事:台風で飛行機が欠航になってしまう航空会社の条件について

関連記事:台風でホテルをキャンセルする場合、料金はかかるのか?

TRAVELERSは旅行をテーマにしたサイトです。旅行を左右する要因の1つに天候があげられますし、台風は天候の中でも最も影響力の強いものですので、ご案内をさせていただきました。

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)