九州の観光スポットランキング10選(前編)。今まで見たことのない九州をご紹介!

最近の投稿

More

素敵な夜景をKindleで楽しもう

九州の観光スポットランキング10選(前編)。今まで見たことのない九州をご紹介!

九州の観光スポットランキングを10箇所を前編中編後編に分けてご紹介させていただきます。今回は前編ということで10位~6位までをご紹介させていただきます。

一般的なランキングとは異なり、九州各地を旅行してきた私の経験を基にしております。今まで聞いたこともない場所も含まれているかもしれませんが、九州で30年近く生活してきましたので、何かと参考になるかと思います。

関連記事:九州の観光スポットランキング10選(中編)。今まで見たことのない九州をご紹介!

関連記事:九州の観光スポットランキング10選(後編)。今まで見たことのない九州をご紹介!

10位 黒川温泉

九州は温泉の宝庫。やはり九州観光をご検討される方にとっては温泉は欠かせません。ご紹介する黒川温泉は熊本県にある温泉郷で、2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地としては異例の二つ星で掲載されたこともある人気温泉地です。

様々な24の温泉宿が小川の周りに密集しており、見たことのないような温泉の世界が広がります。是非ともその24箇所のうちの温泉宿のどこかに宿泊していただけたら、温泉の世界を堪能出来ると思います。

私が今まで宿泊した黒川温泉の旅館は色々とありますが、なかでも「いこい旅館」は料理が美味しく、10箇所以上もの温泉を利用出来るオススメ宿です。

もちろん黒川温泉は温泉宿だけではなく、ロールケーキやシュークリームが販売されている洋菓子店や、ランチが楽しめるお食事処などもあり、宿泊をせずにも日帰り温泉が楽しめるスポットもあります。是非、熊本の阿蘇方面に訪れる機会があれば黒川温泉へお越しになってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

9位 壱岐

壱岐は長崎県の離島です。うになどの海の幸だけでなく、ブランド牛である壱岐牛もあり、食材の隠れざる宝庫です。

アクセスですが、佐賀県の唐津東港や福岡県の博多港からフェリーが出ています。フェリーの速度にもよりますが博多港から高速船で1時間程度、一般的な速度のフェリーでも2時間程度で行けます。

うにの季節になると、壱岐では赤ウニが堪能できます。今まで食べたことのないようなあまくて口の中でとろけるようなウニ、是非とも味わっていただければと思います。

観光するスポットも様々。一支国博物館という壱岐の歴史がわかる博物館(設計者はあの黒川紀章さんです)や猿にソックリな猿岩、日本神道発症の地と一部で言われている月読神社など、南北17km・東西14kmの大きくはない島ですがみどころは満載です!

8位 ハウステンボス

ハウステンボスは長崎県佐世保市にあるヨーロッパをテーマにしたテーマパークです。1992年に開業したのですが、2000年には経営不振が理由で創業者が変更になり、2003年には会社更生法が適用されるなど色々と経営不振に悩み苦難の道が続いきました。

そのハウステンボスが今では非常に人気なスポットになっています。それは何故か。理由は旅行代理店のHISが再建に加わりHIS社長がハウステンボス社長に就任してから変革が起きたからです。

私はハウステンボスが出来たばかりの頃行ったことありますし、つい2年ほど前にも行ったことがありますが、全く別のテーマパークへと変貌を遂げていました。花火大会やプロジェクションマッピング、興味深いアトラクション等が沢山あり、非常に面白い場所へとなっていたのです。

以前、ハウステンボスへ行かれていてHIS以降のハウステンボスへ行かれていない方がこの記事をお読みになっていたら「あのハウステンボスがそんなに変わるとは思えない・・・」と思われるかもしれませんが、期待を裏切らない新しいテーマパークを楽しめるはずです!

スポンサードリンク

7位 呼子

九州は海の幸の宝庫です。そして本州などではあまりみられない透明なイカが楽しめる場所が佐賀県唐津市呼子町です。

透明なイカは甘くて最高の味わいです。一般的にはイカの活き造り定食の内容は、イカ刺し・味噌汁・ご飯・イカしゅうまい・お新香というもの。

ただ最も美味しいのは、イカ刺しを食べ終わった後に調理されるイカの天ぷらです。天つゆで楽しむのも良いですが、玄人は塩で楽しむようですので、お試しされてみてください!

6位 糸島

最近、福岡県の観光地として脚光を浴び始めた場所が糸島です。

美味しい海の幸だけではなく、糸島産の卵や豚など福岡県の食材のブランド地として台頭してきています。あの佐々木希さんも糸島から野菜を購入しているようで、以前しゃべくり007に出演されていた際にそのようにおっしゃっていました。

私が糸島へ訪れる際に、必ず行く場所があります。それは温泉です。糸島から車で30分程度の場所に「きららの湯」という温泉や温水プールやお食事処などが併設されている施設があります。そこの温泉はラドンという人体に無害の放射線がでているのですが、遺伝子の修復機能がある温泉で疲れが本当に取れます。

九州各地の温泉をまわってきましたが、そのなかで最も疲れが取れる温泉のうちの1つがこの「きららの湯」でした。

また、多くの地元の人が利用しているJA糸島産直市場「伊都菜彩」は人気なスポットです。糸島産だけではありませんが、野菜以外にも魚や肉などが豊富に揃えられています。

スポンサードリンク
いつもお読み頂きありがとうございます!
コメント0
CATEGORY :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)